【Apex Legends】新ランクシステムの仕組み~必要ポイントや計算方法は?~【エーペックスレジェンズ】
スポンサーリンク

こんにちは、今回は「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」のランクシステムの仕組み、必要ポイントやポイント計算方法についてご紹介します。ランクポイントの増減を賭けて戦うランクマッチは白熱して楽しいです。ランクマで一番大事となるポイントの稼ぎ方もまとめましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

ランクリーグ(マッチ)とは

ランクリーグの仕組み1

ランクリーグはレベル10以上になると参加できるようになるモードです。戦績(チームの順位や自分のキル/アシスト数)によってランクポイント(RP)が増減します(後述)。所持しているランクポイントにより各ティア(階級)に分けられています。

ティア(階級)には下からルーキー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、マスターとなり、マスターの中のRP上位750人が最上位のプレデターとなります。一番下のルーキーと最上位のマスター、プレデター以外のティアはそれぞれⅣ~Ⅰまでさらに4つの階級に分けられています。

またシーズン毎にスプリット1(前期)と2(後期)に分かれており、それぞれが終わるとランクがリセットされます。

キル/アシストポイントとは?

ランクリーグの仕組み7

キルポイントとは自分が敵をダウンさせ、そのままその敵が死亡(デスボックスになる)した場合にもらえるポイントです。ダウン状態から起こされた場合は入りません。(上記画像赤矢印の数字がキル数)

アシストポイントとは自分が敵にダメージを与えてから15秒以内に仲間がその敵をダウンさせて死亡した場合にもらえるポイントです。(上記画像赤矢印右横の数字がアシスト数)

またダメージを与える以外にも、シアの戦術アビリティやクリプトのパッシブアビリティによるスキャンなどはアシスト対象となっており、スキャンから15秒以内に味方がその敵をダウンさせればアシストポイントがもらえます。比較的ポイントが稼ぎやすくなるのでおススメです。

この他にチーム内の誰かがキルを達成していてそれに自分がアシストしていない場合、自分に参加ポイントが入ります。(上記画像青矢印が参加数)

このキルポイントとアシストポイント、参加ポイントはまとめてキルポイント(キルポ)と呼ばれ、これが多いほどランクポイントが多くもらえるので積極的に交戦してポイントを多く稼ぎましょう。

スポンサーリンク

ランクリーグの報酬

ランクリーグの報酬は以下のようになっています。

ランクリーグの仕組み3

上記画像の上から順にチャーム(ゴールド以上)、バッジ(全ランク)、ダイブ軌道(ダイヤモンド以上)です。

シーズン13からの変更点

シーズン13からのランクマッチに関する変更点は以下の通りです。

ティアの降級が実装

今までは各ティアⅣでRPをマイナスし続けても下のティアに落ちることはありませんでした。しかし今シーズンからはルーキー以外の階級は全て降級が存在します。

上位ティアに上がると100RPのボーナスがもらえてさらに3ゲーム分の降格保護がありますが、全て消費しRPが下回ると1つ下の階級に落ちてRPが半分の状態になります。(ダイヤモンド4ならプラチナ1のRP50%の状態になる)

必要RPの変更

必要RPが今までは一律シルバーで12RP、ゴールドで24RPと決まっていましたが、同じティアでもさらにⅣ~Ⅰの階級によって差をつけるようになりました。

またマスターからは75RP必要ですがそれ以降も1000RP毎に必要RPは5RPずつ増えていき、最大で175RPもの膨大な参加RPが必要になりました。

キルポイントの仕様が大幅変更

RPポイントシステムをシンプルにして順位による獲得キルポイントにさらに差をつけました。1位だと1キル25RPもらえますが、14位以下だと1キル1RPになります。

順位あってのキルポイントであり、勝利(チームの順位を上げる)を目指すこともキルポイント(個人のスキル)を獲得することもどちらも大切です。

またチーム内の誰かがキルを達成するとアシストできなかった場合にチームメンバー全員が一定の割合RP(参加ポイント)を受け取ることができるようになりました。

さらにキルポイントの上限(前は125RP)が撤廃されました。これにより1マッチあたりの最大獲得RPを増やすことが可能になりました。

しかし実際はキル数が多くなるにつれて補正がかけられており、1キルあたりの獲得できるキルポイントが少なくなっていくため実質的な上限が存在します。(後述)

その他の変更

・アシストタイムが10秒から15秒に変更

・ダウンを取った敵が蘇生された場合、起こされた瞬間からアシストタイム(15秒)が再スタートするように変更

・ブロンズより下のティア「ルーキー」の実装(降級なし)

・全ティアにおいてランクアップに必要なRPが200ずつ上昇(マスターへの昇格は15000RP必要)

スポンサーリンク

必要ランクポイントと獲得RPの計算方法

ランクリーグの仕組み8

まずランクリーグに参加するには必要ポイント(参加費みたいなもの)があり以下の表のようになっています。

ランク
ブロンズ 15 18 21 24
シルバー 27 30 33 36
ゴールド 39 42 45 48
プラチナ 51 54 57 60
ダイヤモンド 63 66 69 72
マスター、プレデター 75(以降1000RP毎に必要RPが5ずつ上昇していく。最大175)

上位ティアに行くほどマッチエントリー費用が高くなっていきます。その分稼がないとマイナスになってしまうということですね。

マッチで獲得できるRP(ランクポイント)は自分のチームの順位によるポイント(順位点)と個人のキル/アシストポイントによって構成されていて、以下の表のようになります。

順位 順位による獲得RP 基本キルRP
1 125 25
2 95 23
3 70 21
4 55 18
5 45 16
6 30 14
7~8 20 12
9~10 10 10
11~13 5 5
14~20 0 1

順位を上げるほど順位ポイントが多くもらえるだけでなく、1キルポイントあたりの獲得ポイントが上昇します。まずはチームプレイで順位を上げることが大切で、その中でキル/アシストをとるほど獲得RPも増えるので個人のスキルもしっかり反映されています。

またキルポイントの上限は撤廃されましたが基本キルRP(上記表参照)から補正がかけられ、キルを重ねるごとに倍率が低くなり獲得できるキルポイントが減少します。1位で5キルしてもそのまま基本キルRPの25×5=125RPとはならない訳ですね。キル数と倍率の関係は以下の表の通りです。

キル数 倍率
1~3 100%
4~5 80%
6 50%
7以降 20%

例)1位で5キルした場合、3キル目までは100%なので25×1.0=25でそのまま1キルにつき25RP獲得できます。3キルで25×3=75RPとなります。4~5キル目は80%なので25×0.8=20となり1キルにつき20RP獲得できます。2キルで20×2=40RPとなります。

よって1位で5キルした場合のキル/アシストポイントは合わせて75+40=115となります。これに参加ポイントを合わせたものがマッチで得られる獲得キルRPとなります。参加ポイントも同じように基本キルRPから補正がかけられています。参加数と倍率の関係は以下の表のようになっています。

参加数 倍率
1 40%
2~3 10%
4以降 8%

例)参加数2の場合、同様に25×0.4×1=10 、25×0.1×1=2.5 となり、合わせて10+2.5=12.5が参加ポイントとなります。

キルポイントの計算式は少し複雑で小数点も交じってきれいな数字にならないこともありますが、何度か計算して確認してみた所概ねこのような計算方法で合っていると思います。マッチ中に計算するのは大変なので仕組みを理解しておくだけでよいでしょう。

またキル/アシストポイントはキルした相手ランクとの差によっても基本キルRPから倍率補正がかかります。

ランク差 キルポイント倍率
-3(格下) 30%
2(格下) 70%
1(格下) 100%
0(同ティア) 100%
-1(格上) 100%
-2(格上) 150%
-3(格上) 200%

キルした相手とのティアの差が±1まで倍率100%(基本キルRPそのまま)です。2以上だと倍率がかかりますが、基本的にはティアの近い人とマッチするシステムなので補正はあまり気にしなくていいと思います。

スポンサーリンク

計算例

計算式はマッチで獲得できるRP=順位によるポイント+キルポイント(キル/アシストポイント+参加ポイント)-必要ポイントとなります。

計算例です。ティアはプラチナⅡ、順位は4位でキル/アシスト数4、参加数1の場合を計算してみます。(相手ランクとの差があるキルなし)

ランクリーグの仕組み9

まず上記表よりプラチナⅡの必要ポイントは57、4位の順位ポイントは55、4位の基本キルRPは18です。

3キル目までは倍率が100%、4キル目は80%なので18×1.0×3=5418×0.8×1=14.4となり、キル/アシストポイントは54+14.4=68.4となります。 

同様に参加ポイントは18×0.4×1=7.2となります。

これらを先ほどの式に当てはめると55+68.4+7.2-57=73.6となります。小数点切り捨てた73が実際このマッチで獲得したRPです。

ランクポイントの稼ぎ方のコツ

RPの増やし方ですがチームの順位を上げてもキルポイントが全くなければあまりRPは増えないし、逆もそうです。

ティアが低い内は必要RPが少ないので誰でもRPは増やしていけますが、上位ティアにいくほど必要RPが高くなるのでキルと順位の両方を意識していかないとRPは稼げません。

キルポイントがあるからここで大人しくして順位を上げよう、逆にキルポがないので積極的に交戦しようなどポイントを考慮した立ち回りも時には大事です。

また1人で生き残った時もキルポイントが無いならば漁夫も狙った立ち回りもアリですが、自分のチーム3人がキルポイントをたくさんもった状態ならば、戦いから遠ざかり大人しく隠れて順位を上げるのに徹した方がRPを稼ぎやすくなるし、死亡した仲間もそれを願っていると思います。

最後に

最後にランクリーグに関するルールです。

・RPマイナスをして下のティアに落ちることもありますが、上位ティアに上がった時は3ゲーム分の降格保護があります。

・スプリット毎にランクはリセットされ、1.5ティア(5階級)落ちた状態から次がスタートします。(例ダイヤ2ならプラチナ4になる)

・回線落ちなどで仲間が2人以下になったりすると敗北免除がつきマイナス分が無くなります。

・逆に自分が生存している時や死亡してバナー回収待ちor回収後の状態でマッチを抜けるとペナルティが課されます。

・回線落ちした場合は復帰できるので諦めずに戻りましょう。

・フレンドプレイ時は一番強い人のランクに引っ張られるので注意しましょう。

ランクマのポイント計算の仕組みを知って効率的な立ち回りで上位ティアを目指していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク